Kトレンド

遊戯王のことについて思ったことをいろいろ書きますψ(・ω´・

【感想・考察】新リミットレギュレーション、新環境について

 

 

 f:id:kee1109:20170615013744j:image

 

 みなさんこんにちわこんばんわ!おはよーございます!!

 

 

リアルがバタバタしてるのと久しぶりにがっつり風邪をひいてしまったのとでぐったりしていたけーです:(´◦ω◦`):

 

 

 

 

ついに、ついにきてしまいました、、

ある者は歓喜すればある者は絶望する、、

 

 

 

そうです新リミットレギュレーションが発表されました!!!

 

 

 

f:id:kee1109:20170615014115j:image

 

 

新禁止カード

✩ 十二獣ブルホーン

 

 

 

まぁこれは妥当といった所でしょう。

このカードの存在でこれから新規で登場する大半の獣戦士族をサーチできてしまいます。

 

このカードは他の十二獣エクシーズモンスターと違って素材がレベル4モンスター2体と特殊召喚が容易だったことも問題でした。

レベル4二体でブルホーンSS→他の十二獣エクシーズモンスターにSS→ブルホーンに重ねてエクシーズ

 

これで獣戦士族モンスターが2体サーチ出来るという点も強かったですね(๑°⌓°๑)

 

制限を挟まずいきなり禁止するのも頷けます。

 

ブルホーンが抜けた十二獣ですが、正直かなりきつそうです。

ヴァイパー+サラブレードを素材にしたエクシーズモンスターを建てることがテーマの1番強い戦い方になると思いますがさすがにそれだと今の遊戯王では力不足ですし、リソースを稼ぎまくって有利になるのが十二獣の強みだったなのにブルホーンがいなくなればそれは難しくなってしまうと思います。

 

 

 

個人的に最近話題に少しなった【岩石十二獣】(パワーワード)のアーキタイプはかなり好きだったのですが、これで存続ができなくなってしまいましたね、、残念です(´._.`)

 

 ライカだけリンク素材の確保として優秀なので少しだけ未来がありますがとはいえこれで【十二獣】というテーマは新規が来ない限り環境には居れないでしょう。

 

 

f:id:kee1109:20170615015433p:image

 

制限カード

✩ 真竜剣皇マスターP

✩ 妖精伝姫-シラユキ

✩ ドラゴニックD

 

 

ついに真竜にも規制の波がきてしまいました。

環境は真竜1色で採用するギミックによって構築が違うとはいえ、大会の結果をみていて本当につまらなかったというのが本音です。

 

ですがどちらも制限なので実質真竜が消滅したわけではありません。

むしろまだ存続できてしまうんじゃないかなーと感じました。

 

その根拠はというと、

・ドラゴニックDは1枚着地してしまえば実質なんら問題ない

・マスターPは相変わらず強耐性、高攻撃力、モンスター効果で盤面を圧倒する力はある。採用枚数も2枚が1枚になるだけ

そもそも真竜はサポートカードが豊富。スロットにサポートのカードを増やしリソースの確保はまだ出来る。

・ダイナマイトK、イグニスHで充分戦える

テラフォーミングが準制限になったとはいえ 盆回しが3枚搭載できる

そもそもこれも他のテーマと共存するテーマなので強いテーマと組めばあんま今までと変わりない

 

 

あくまで予想ですが、あんまし真竜が完全に消滅したと思っていると痛い目みるかもしれません:(´◦ω◦`):

 

 

 

この理論でいくと盆回しと相性がいいのが真竜メタルKozmoなわけですが、まぁこれも様子見で新制限に適用してみてどうかってかんじでしょう。

 

結局何が言いたいのかというと、今まで真竜のデッキで遊んでた人はそんなに絶望することないよーってことです٩(•ᴗ• ٩)(現に自分もそのうちの1人ですし)

せっかく頑張って集めたのにそれが無駄になってしまったら悲しいですからね!

 

 

 

そしてシラユキは、、うん。

準制限にしてもダメだったんだね。

知ってる知ってる( ˙꒳˙ )

 

 

 

 

f:id:kee1109:20170615022306p:image

 

準制限カード

✩EMペンデュラム・マジシャン

✩黒き森のウィッチ

✩彼岸の悪鬼スカラマリオン

✩レスキューキャット

✩異次元からの埋葬

✩命削りの宝札

✩儀式の準備

✩機殼の生贄

✩ブラック・ホール

✩テラ・フォーミング

✩ユニオン格納庫

✩揺れる眼差し

✩竜の渓谷

✩神の通告

 

 

1番注目なのはやはりテラフォでしょう。

最近はというかおそらく10期になってもそうでしょうが、フィールド魔法の効果はとてつもない強さを持っていました。

それをサーチする手段としてテラ・フォーミングが使われるのは至極当然なことでしょう(; ꒪ㅿ꒪)

ただ前述したように盆回しがまだノータッチなので、そことの共存に今後注目ですね。

 

他は通告でしょうか、、

ストラクチャーデッキに入るのに準制限にするとかさすがコナミといった所でしょう、、( ;∀;)

 

 

 

 

f:id:kee1109:20170615023157p:image

 

新無制限カード

 

✩カオス・ソルジャー -開闢の使者-

✩慧眼の魔術師

✩ゴヨウ・ガーディアン

✩終末の騎士

✩DDスワラル・スライム

✩爆竜剣士イグニスターP

✩氷結界の龍ブリューナク

✩洗脳-ブレインコントロール

 

 

 

まぁ妥当すぎるメンツで正直みてもなんの感情もわきませんでした。(ロボット)

慧眼が3積み出来るのが今後ワンチャンかなーぐらいですね。

 

にしてもこのメンツが無制限なんて昔のデュエリストの方に見せたらすごい驚かれそうですよね。笑

 

 

 

 

【新環境予想】

 

・真竜メタルkozmo

 

・恐竜竜星

 

・既存の真竜アーキタイプ(命削り真竜を除く)

 

・魔導を出張させたなにか(超曖昧)

 

トリックスター

 

・星杯(期待枠)

 

 

 

 

と、いった所ですかね、、

まぁまだわからないのであくまで予想です:(´◦ω◦`):

 

 

 

 

と、いうわけでダラダラと紹介してきましたが、正直〜1強という環境とテストのような感じで徐々に弱体化させたり緩和するのははもう勘弁してほしいですね、、

環境を変えたいならもっと劇的な変化がほしいですし、やはり新規の大会やCSなどで結果を出したい人にも参戦しやすく、またこれから遊戯王を始める人に始めやすい環境にしてもらいたいというのが一ユーザーの意見です。

 

 

 

今週の17日は新ストラクチャーデッキのサイバース・リンクが、

7月の頭にはサーキット・ブレイクが出てデュエルはどんどん変わっていくと思います。

 

これからも遊戯王を更に盛り上げて行きたいですね!

 

では今回はここらへんで〜( ᐢ˙꒳˙ᐢ )

【価格変動】トーチ・ゴーレム

 

 f:id:kee1109:20170528023806j:image

 

 

みなさんこんにちわこんばんはおはよーございます!!

 

 

前回のサイバーダークの記事、すこーーーしだけ反響があったみたいということでどうもありがとうございました嬉しいです、、( ;∀;(主にコラ画像の方なのは内緒)

 

 

この流れにのって面白くてためになることを発信していきたいと思います!!!

 

 

 

 

 

 

と、思いつつも時間がないので今回はぱぱっと価格変動情報です!(へたれ)

 

 

今回のカードはこちら!!!

 

f:id:kee1109:20170528014452j:image

 

 

トーチ・ゴーレム

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。
このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トートークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、
相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。

 

 

 

一昔、いやかなり昔に流行ったアーキタイプの【ヘルテントーチ】で使われてたキーカードです。

 

 

 

✩ヘルテントーチとは〜けーのコンボ解説〜✩

 

 

 

自分フィールドにトークンを特殊召喚トーチ・ゴーレムを相手フィールド上に攻撃表示で特殊召喚

 

f:id:kee1109:20170528023314j:image

 

トークンで攻撃力3000のトーチ・ゴーレムに自爆特攻!

 

f:id:kee1109:20170528023317j:image

 

 

3000のダメージを受けたのでヘル・テンペスト発動!お互いのデッキのモンスターカードを全て除外✩

 

f:id:kee1109:20170528022504j:image

 

 

デッキにある3枚のネクロフェイスが除外ゾーンでチェーンが組まれて15枚更にデッキ破壊✩✩

 

f:id:kee1109:20170528022732j:image 

 

 

Good game!!✩

 

 

 

というクソコンボデッキ(いやでもまじ決まれば勝ち確だったし強かった)デッキのことです。

 

 

 

まず一言。

 

 

懐っ!!!

 

 

 

このカードが初登場、というか再録されたことないので初登場もあれですけど、デュエリストパック-ヨハン編-で収録されたカードになります٩(•ᴗ• ٩)これまただいたい10年前ですね笑

 

なんで【宝玉獣】のカードを使うヨハンのパックにこんなカードが???と思った方

 

 

 

 

 

f:id:kee1109:20170528015031j:image

 

 

 

:(´◦ω◦`):

 

 

 

f:id:kee1109:20170528015050j:image

 

 

 

 

(๑・ω・`๑)

 

 

 

   

 

 

ヘルヨハンことユベル憑依ヨハンのカードも収録されてるからなのです( ᐢ˙꒳˙ᐢ )

 

 

 

f:id:kee1109:20170528015441j:image

 

 〜トーチゴーレムと愉快な仲間達〜

 

 

 

 

 

サファイア・ペガサスやレインボー・ドラゴンがレアで収録されたり、そのパックを買えば宝玉獣デッキが組めることもあって悪くは無かったんですけど、正直ヨハンが好きな僕からしたらもっとヘルヨハンではなくヨハンの新規SR以上が欲しかった所ではありました笑

 

 

 

 

 

前置きはさておきなぜトーチゴーレムが注目されているのかというと、7月8日発売の【CIRCUIT BREAK】に収録されるこのカードとのシナジーが凄まじいからです!!

 

 

f:id:kee1109:20170528015907p:image

✩アカシック・マジシャン
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700
【リンクマーカー:上/下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体
自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、
その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

 

 

①の効果はリンクマーカー先をバウンス。

相手のモンスターを戻す場合はエクストラモンスターゾーンに特殊召喚しないと使えません。

メインモンスターゾーンにいたら正面の相手モンスターはリンク先として扱えないためですね:(´◦ω◦`):

やはり自分のモンスターを戻して、効果を使いまわすのが主ではないでしょうか。

 

 

 ②の効果はもっとおもしろいですね٩(•ᴗ• ٩)

相互リンクしてるリンクモンスターのリンクマーカー分デッキトップからカードをめくり、その中に宣言したカードがあったら加えられるというもの。

「デーモンの宣告」に類似してる効果で条件さえ整えば完全に上位互換の能力ですね( ˙꒳˙ 三/ ˙꒳˙)/

 

墓地に送るというのも強い所です!

現時点のリンクの最高数は4なので、4枚の中から指定したカードを探せますし、逆にいえば4枚カードを落とせることになります。

これはなにか悪用できそうな予感、、( ´ ▽ ` )

 

やはり10期はリンクモンスターのリンクマーカーの数を参照する効果がこれから先もたくさんでてきそうですね。

 

 

 

 

と、いうわけでこのカードとトーチ・ゴーレムがあれば何が出来るかというと、

 

トークン2体特殊召喚トーチゴーレムを相手フィールドに特殊召喚

トークン2枚を素材にリンクスパイダーを2体特殊召喚


③リンクスパイダー×2を素材にアカシック・マジシャンに特殊召喚リンク先のトーチ・ゴーレムを手札に戻す。

 

④もう1度トークンを2体特殊召喚し、トーチ・ゴーレムを相手フィールドに特殊召喚

 

トークン2体とアカシック・マジシャンでリンク4のリンクモンスターをリンク召喚

 

 

 

 

と、いうことでトーチ・ゴーレム1体からリンク4のリンクモンスターが特殊召喚できるというわけです\(^o^)/

 

 

リンク4は出しにくい分強力な効果をもってデザインされていると思いますが、これがハンド1枚から立てられると思うと本当に強いですね。

 

トーチ・ゴーレムを守備表示で特殊召喚し、トークン2体でリンク2の「プロキシー・ドラゴン」をリンク召喚し、アカシック・マジシャンとプロキシー・ドラゴンを素材にリンク4、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」をリンク召喚すればそのまま3000ポイントのダメージを与えられます!

 

 

 

問題はエクストラデッキを少し割かなればならないことですが、デッキタイプによっては問題ないですし、僕はこのムーブはトーナメント環境で使われてもおかしくないと評価しています( ˙꒳˙ )(あくまで個人の感想です)

 

 

f:id:kee1109:20170528023411j:image 

 

気になる相場の変動はこんな感じ。

だいたい1枚800〜1200円といったとこでしょうか。

実際に使われ、さらに再録となったら恐ろしい値段になってしまう可能性があるので今の段階でゲットするのも一つの手だと思います!

 

 

 

 

かなり駆け足になりましたが、今日はここらへんで!

 

 

それでは!!\(^o^)/

 

 

 

Twitterリンク→@kee_mtg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【新カード考察】サイバーダーク

 

f:id:kee1109:20170521010211j:image

 

 

みなさんこんにちはこんばんわ!

おはよーございます!!!!

 

 

 

ずーーーーーっと更新しようと思ってダラダラしてるうちに新情報が公開されまくっててんやわんやになっていたけーです。:(´◦ω◦`):

 

 

 

 

 

 

今回は数ある新カード情報の中でも僕もかなり好きなテーマ、【サイバーダーク】についてのお話です!!

 

 

 

祝!サイバーダーク新規( ˙꒳˙ 三/ ˙꒳˙)/!!

 

 

 

 

 

 

 

✩サイバーダークってなにするんだっけ?

 

 

 

 

サイバーダークというカテゴリですがかの有名なヘルカイザー亮こと丸藤亮の操るカード郡となっています٩(•ᴗ• ٩)

 

 

f:id:kee1109:20170521010734j:image

 

 

当時GXがやっていた頃僕は小学生だったのですが、その圧倒的な強さと中二病属性に中学生でもない僕はヘルカイザーさんのファンになりサイバー流大学付属高校中等部に受験しようかと思ったぐらいでした。(おそらく雪山にありそう)

 

 

 

無駄話はおいといて、既存のサイバーダークカードをパパッとおさらいしませう!!

 

f:id:kee1109:20170521011338j:image

✩サイバー・ダーク・ホーン
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 

 

f:id:kee1109:20170521011358j:image

✩サイバー・ダーク・エッジ
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
その場合、このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 

f:id:kee1109:20170521011431j:image

✩サイバー・ダーク・キール
効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
相手ライフに300ポイントダメージを与える。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 

 

f:id:kee1109:20170521011536j:image

 ✩鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン
融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」+「サイバー・ダーク・キール
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
また、このカードの攻撃力は自分の墓地のモンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 

f:id:kee1109:20170521011645j:image

✩サイバーダーク・インパクト!
通常魔法
自分の手札・フィールド上・墓地から、
「サイバー・ダーク・ホーン」「サイバー・ダーク・エッジ」
「サイバー・ダーク・キール」をそれぞれ1体ずつデッキに戻し、
「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

 

サイバーダークの共通の効果は

①自分の墓地のドラゴン族モンスターを自身に装備する効果

②戦闘で破壊される場合に装備モンスターを代わりに破壊できる効果

をもっており、下級サイバーダークはそれぞれ固有効果として、ホーンは貫通、エッジはダイレクトアタック、キールはモンスター破壊時にバーンとなっております。

 

装備できるドラゴン族にはレベル制限があり、下級サイバーダークはレベル3まで、サイバーダークドラゴンは無制限となっております٩(•ᴗ• ٩)

 

 

 

 

 

まぁはっきりいいましょうこのサイバーダークというテーマ、

 

 

 

 

めちゃくちゃ弱かった\(^o^)/

 

 

 

 

って感じです。笑

 

主な弱いファクターが

・素の攻撃力が低い

・固有効果が弱い

・サイバーダークドラゴンを無理してまで出す必要性がない

・装備できるドラゴン族の攻撃力が低い(サイバーダークが収録されたパック、CYBERDARK IMPACTより約一年後に発売されたTACTICAL EVOLUTIONで登場した「ハウンド・ドラゴン」の1700が最高)

 

そしてこれらが弱く言われてしまう一番の理由

が、

 

アニメ版サイバーダークの存在

 

でしょう( ˙꒳˙ 三/ ˙꒳˙)/

 

では例にサイバーダークホーンを例にアニメ版のサイバーダークを見てみましょう

 

✩サイバー・ダーク・ホーン

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分、または相手の墓地レベル4以下のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードが戦闘・効果によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 

 

 

強い\(^o^)/

 

 

まぁ当時の環境とカードプールの中でここまでスペックが高い下級モンスターがいたらさすがにやばいと思ったのでしょうが、大幅な弱体化を受けてしまいました。

レベル4にしてしまうと「レアメタル・ドラゴン」が釣れるため、1ターン目に貫通、擬似戦闘耐性持ちの攻撃力3200の化け物が誕生してしまうので妥当ですね。笑

 

f:id:kee1109:20170521014847j:image

 

ちなみに2006年に世界大会で優勝したデッキが   【光闇グッドスタッフ】みたいなデッキです。(マスターガイド2参照)

 

f:id:kee1109:20170521015005j:image

 

とても懐かしいカードの名前が多くて感慨深いですね(涙)

 

 

話が戻りますがサイバーダークの微妙な性能とほかのカードも使いにくいカードばかりで CYBERDARK IMPACTはGXで屈指の糞パック扱いに、その2ヶ月と16日後に発売されたデュエリストパック-ヘルカイザー編にスーパーレアだった下級サイバーダークが全てノーマルで再録されるなど、何かと話題になりました。笑

 

当時下級サイバーダークをスーパーレアで揃えた直後に再録されたわいの心境↓

f:id:kee1109:20170521015940j:image

 

 

 

 

 

 

✩10年の時を経てようやく新規カードが登場!!!

 

 

 

 

その後は 【ドラグニティ】と組み合わせたシンクロデッキや「ブラック・ガーデン」と組み合わせた面白いデッキができましたが、あんまし表舞台にたつことはありませんでした。

 

 

 

 

そしてついに6月3日に発売の、 【デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-】にサイバーダーク新規カードが登場します!! (くっそ長い導入)

 

f:id:kee1109:20170521020537j:image

 ✩サイバー・ダーク・カノン
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキから1枚ドローする。

 

 

①の効果はディスカードしてサイバーダークモンスターをサーチ。

サーチ手段がほぼ皆無だったためこれは素直に強力ですね。

 

そんなことより驚愕なのがこのモンスタードラゴン族だということです( ;∀;)

 

 

サイバーダークとは無縁の強力なドラゴン族レベル3の新規カードではなく、機械族のカテゴリのサイバーダーク自体をドラゴン族にするというKONAMIの逆転的な発想によりサイバー流のデュエリスト歓喜したことでしょう( ˙꒳˙ 三/ ˙꒳˙)/ヤッター

 装備すれば攻撃力2200!高いとはいえませんが全然十分でしょう!

 

②の効果は装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時にデッキからモンスターを落とす効果。サイバーダークの強力なお友達の「Sin トゥルース・ドラゴン」をおとしましょう\(^o^)/

f:id:kee1109:20170521021451j:image

 

ダメージ計算時という今では結構珍しいタイミングですがこれを厳密に分解すると、

1.永続効果の処理

2.各種効果の適用

3.ダメージ計算

4.ダメージ数値確定

5.戦闘ダメージの発生(ライフより減算)

6.戦闘破壊確定

 

 

と、なっているので、この効果は2で発動することになるのでおぼえておきましょう!!(ありがとう遊戯王wiki先生)

 

③は装備されているこのカードが墓地に送られた場合に1ドロー。

前述したとおり、サイバーダークは装備モンスターを身代わりに戦闘破壊から身を守るのでかなり噛み合いがいい効果ですね!

 

 

f:id:kee1109:20170521021715j:image

✩サイバー・ダーク・クロー
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが
戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

①の効果はカノンとは違いサイバーダーク魔法・罠カードをサーチする効果。

現状サイバーダークインパクトと後述の新規フィールド魔法ひろくないてます広くないですが、サーチ効果は優秀なのは間違いないです。

「テラ・フォーミング」とは使い分けといった感じでしょうか。

 

②の効果はカノンとはまたまた違い、なんとEXデッキからカードを墓地に送るとことができます。

なんとついにトリガーで発生するゲールドグラの効果でました!!これはかなり胸熱ですね!٩(•ᴗ• ٩)

 

当然ドラゴン族最強の攻撃力を持つ、「Fことができるようなことができるようなったわけですが、ここは10期。

墓地に送られ効果が発動する優秀なカードがあります。

f:id:kee1109:20170521025308j:image

 

キメラ・ヌトス「やぁ」

 

 

 

「旧神ヌトス」を落とせばフィールドのカードを1枚破壊。

「捕食植物キメラフレシア」を落とせば次のスタンバイフェイズに「融合」または「フュージョン」 魔法罠をもってこれます。

 

これは間違いなくサイバーダークに革命をもたらしましたね。笑

おそらくこのクローの効果を主軸に戦っていくことになるのではないでしょうか。

ただEXの枠をかなり食うと思うのでそこだけ注意が必要ですね(゚д゚)

 

↓ 「フュージョン・ガード」で融合デッキからカードを墓地に送るヘルカイザー

 f:id:kee1109:20170521032450j:image

 

 

↓強化版

f:id:kee1109:20170521032438j:image

 

③は墓地のサイバーダークモンスターを回収!今回のディスカード効果持ちのサイバーダークと非常に相性がいいですね( ˙꒳˙ )

リソース回収にもってこいです( ˙꒳˙ )

 

f:id:kee1109:20170521025810j:image

✩鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン
融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からドラゴン族モンスターまたは機械族モンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

 

サイバーダークとダークネスが手を組んだら最強に見える(小並感)

 

まず素材ですがサイバーダークが5体!!笑

とくに名称指定はないので、五種類である必要はないので好きなのを融合させましょう( ˙꒳˙ )

おそらく「オーバーロードフュージョン」で出すのが主な出し方になりそうです。

①と②は鎧黒竜と同じでドラゴン族を装備しその攻撃力分攻撃力が上がる効果。

 

 

 

と、思いきやついに機械族もいけるようなりました!( ;∀;)

「輪廻独断」の必要がこれでないってものです。笑

f:id:kee1109:20170521030424j:image

 

ですがいつもどおり自分の墓地限定なので注意です(´・ᵕ・`)

 

 

 

③の効果はモンスター効果・魔法・トラップあらゆる効果に対応した無効効果。

範囲の広さはもちろん、ターン制限がないのがすごいですよね!

これ使い方によってはかなりやばいと思いますけどどうですかね、、?

仮に先手で2枚装備カードがついたこいつを立てられたらかなりやばくないですか、、?

イラストもかっこいいし個人的にかなり推してます٩(•ᴗ• ٩)

 

 

f:id:kee1109:20170521030806j:image 

✩サイバーダーク・インフェルノ
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

サイバーダークにもついにフィールド魔法が!

①は装備カードを装備したサイバーダークを効果による対象と破壊から守る効果。

まさにアニメ版効果の擬似追加といってもいいでしょう( ˙꒳˙ )

むしろカード効果では完全に破壊されないためアニメ版より強くなってるといえますね!!

 

②はサイバーダークを手札に戻し、サイバーダークモンスターを召喚する効果。

一見よくわからない効果のように感じますがこの効果めちゃくちゃサイバーダークと噛み合いがいいです。

 

基本的にサイバーダークは装備モンスターが離れてしまうとかなりの低スペックになり、再び装備する手段がほぼありません。

ですがこの効果を使えば召喚し直して、また墓地のドラゴン族を装備しなおせるというわけですな!!

今回の新規下級サイバーダークの③の効果を発動させたい時にもいいですね!

 

 

③は相手のカード効果で破壊がトリガーの融合・フュージョンカードのサーチ。

相手依存のサーチなので破壊牽制用って感じで使い方が主でしょう( ˙꒳˙ )

 オバロももってこれるので悪くはないです。

 

 

 

 

 

以上で紹介を終わります!!

とりあえずオバロは確保しておいた方がよさそうですね(゚д゚)

進化したサイバーダークの力を体験するのがいまから楽しみです!!( ˙꒳˙ )

 

 

それでは( ˙꒳˙ 三/ ˙꒳˙)/

 

【考察・感想】星杯デッキを使ってみての雑感(星杯カード紹介編)

 

 

 

 f:id:kee1109:20170426205250j:image

 

 

みなさんこんにちわこんばんわ

おはよーございますっ( ੭ ˙꒳˙ )੭

 

とゆーことで遊戯王最新弾CODE OF THE DUELISTが発売されて早2週間近くというところですか、数多くの決闘者がリンク召喚を決めていることでしょう(´ ˘ `∗)(これを書き始めたのがそのぐらいの時期でした←)

新マスタールールは確実に今での遊戯王とは違う戦略、構築を求められることになるのは言うまでもないですね( ˆoˆ )/

 

 

そんなこんなでCOTDで初登場したテーマの   【星杯】デッキを組んでみたのでばっーと星杯カードの説明と雑感を語ります(「・ω・)「

(ただ少し愚痴も入っているので星杯すきな人はプラウザバックお願いします←)

 

f:id:kee1109:20170426210056j:image

✩星杯を戴く巫女
通常モンスター
星2/水属性/魔法使い族/攻 0/守2100
星神に鎮魂の祈りを捧げる巫女。
手にした杖は代々受け継がれし祭器であり、
力を結界に変えて機界騎士による支配から森の民を守護している。
森の守護竜が懐く程の神通力をその身に秘めているが、
普段は兄と幼馴染を大切に想う、心優しい少女の顔を見せる。

 

f:id:kee1109:20170426210419j:image

✩星杯に誘われし者
通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 0
機怪との戦いに明け暮れる青年。
森の周辺に生息する機怪蟲が突然凶暴化した際にも、
一歩も引かずに結界への侵入を防ぎ続けた。
常に先陣を駆けるその雄姿は森の民を奮い立たせるが、
本人はたった一人の妹を守る為だけにその槍を振るっている。

 

f:id:kee1109:20170426210645j:image

 

✩星杯に選ばれし者
通常モンスター
星3/炎属性/サイキック族/攻1600/守 0
機怪の残骸で武装する、真っ直ぐな心の少年。
星辰の森に古くから伝わる『星の勇者』に憧れており、
妖精リースの願いを受けて、光を授かった仲間たちと共に七つの星遺物を解き放つ旅に出る。

”星明かりの勇者 掲げし剣に光を束ね 大いなる闇を討ち祓わん”

 

 

星杯の通常モンスター三種類です!

実用的なところでは選ばれし者は「緊急テレポート」、誘われし者は「M.Xセイバーインヴォーカー」でもってこれますね( ˆoˆ )/

 

面白いのがフレーバーテキストでここからわかることが、

1.誘われし者は巫女の兄で選ばれし者は巫女の幼なじみ。

2.機界騎士や機怪(=かは不明)と森を守るために戦っている。

3.3人は機怪の残骸で武装できる。

4.妖精リースの願いにより、7つの星遺物を探すために旅にでる。

 

 

と、序盤にしてはかなりストーリーが考察しやすいフレーバーとなってますね!

これにより今後のパックで星遺物カードと、新しい仲間とそのリンクモンスター、星神カードが登場することが推測できますね(`・ω・´)キリッ

 

 

f:id:kee1109:20170426212156j:image

星杯の守護竜
効果モンスター
星1/風属性/ドラゴン族/攻 400/守 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 

巫女のフレーバーテキストで出てきた森の守護竜です(「・ω・)「

①はリンク状態のモンスターを対象とする効果を無効にして破壊する効果

これは悪くないんですけど、そんなに使う機会ないかな、、?

もちろんこのカードの存在で相手は警戒せざるおえないので、展開した後に手札に回収しておくのにはこしたことないですね。

 

 

②は墓地からリムーブしてリンクモンスターのリンク先に通常モンスターを特殊召喚する効果。

これはほんと強いです。

後述のアウラムの餌にしたり釣り上げてリンクしたりニンギルスの穴埋めになったりできてなんでもござれですね(「・ω・)「

 結構間違えてる人多いのですが、SSするのはリンク先なのでご注意を( ᐢ˙꒳˙ᐢ )

 

f:id:kee1109:20170426213402j:image

✩星杯の妖精リース
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

星杯キーカード ⸜(* ॑ ॑* )⸝

①は星杯モンスターサーチ。

展開に合ったカードを選んでサーチしましょう

②は手札か場のモンスターを墓地に送ってこのカードを回収する効果。

手札の守護竜や後述の星遺物星杯をおとすのがメインでしょうか。

墓地に守護竜がいたら餌をおとしたり場の星杯リンクモンスターを墓地におとして効果を無理矢理発動させることもできますね、

それぞれターン1制限があるので注意です!

 

 

f:id:kee1109:20170426214228j:image 

✩星遺物-『星杯』
効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、
このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

キーカードその2(`・ω・´)

①はexデッキから特殊召喚の牽制。

正直この効果を使ったことないけど、アウラムで蘇生させてエンドしたり、今後のカードによってはかなり化けそうな効果(`・ω・´)ん

 

②が一番大事な効果で、召喚したこのカードが墓地に送られた時に、デッキから星遺物星杯以外のすきな星杯モンスターを2体をだせます!

リースを呼んだらサーチも出来ますが、守護竜を出すのはほぼ確定でしょう(`・ω・´)

星杯展開をするために要はこのカードをアドバンス召喚する必要があるわけです。

そう、あのカードとかを使ってね(´ ˘ `∗)

 

③は墓地からリムーブしてデッキから星遺物カードを手札に加える効果。

自分も加えることができますが、やはり加えるとしたら加護でしょう( ˆoˆ )/(後述するカードが出てきすぎ)

 

 f:id:kee1109:20170429140519j:image

星杯竜イムドゥーク
リンク・効果モンスター
リンク1/風属性/ドラゴン族/攻 800
【リンクマーカー:上】
トークン以外の通常モンスター1体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに
「星杯」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがこのカードのリンク先の
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

リンク条件はトークン以外の通常モンスター1体なので、「リンク・スパイダー」と比較すると若干だしづらいですね。

シンプルに星杯通常モンスターをリンク素材にして出すことになります( ੭ ˙꒳˙ )੭

効果は星杯限定の召喚権増加+戦闘補助効果。

ぶっちゃけ②の効果は使う機会はほぼないと思っていいでしょう。笑

これをたててターンまずしないとおもあまずしないと思いますので。

まぁ単純に考えたらわかるのですが、これがメインモンスターゾーンにいる場合目の前の相手のメインモンスターゾーンの相手モンスターには効果が及ばないです。

これはメインモンスターゾーンの間にエクストラモンスターゾーンがあるためリンクマーカーが届かないかららしいです笑(OCG事務局に確認済)

イムドゥークは理想の盤面を作る上で必ず必要なカードの1枚なので、むやみにぽんぽん使うのは厳禁です。

「星遺物の加護」などで墓地から回収しておいてもいいでしょう(`・ω・´)

 

 

f:id:kee1109:20170426212004j:image

✩星杯神楽イヴ
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

巫女が武装したリンクモンスターです!

①はリンク状態の時に戦闘効果耐性を与える効果。ただしカードの効果を受けないわけではないから注意

②は「プロキシー・ドラゴン」に似てるけど大分違うリンク先のカードを守る効果になってます(`・ω・´)

③は星杯リンクモンスター共通の墓地に送られた時に手札から星杯モンスターを特殊召喚する効果

お察しがいい人ならわかるとおもいますが、

星杯というテーマはリンクモンスターを素材にリンク召喚していって手札の星杯モンスターを特殊召喚することにより更なるリンクモンスターへのリンク素材を供給し、どんどん高リンクのリンクモンスターを召喚するテーマとなっているわけですな!

 

 

f:id:kee1109:20170429135553j:image

✩星杯剣士アウラ
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「星杯」モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、
そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

星杯の展開の中核カード。

星杯はイムドゥークからこいつを作ることをまず目標にします

効果は墓地の星遺物モンスターの種類×300アップする効果とリンク先の星杯をサクって墓地からそのモンスター以外だったらなんでもリアニメイト(`・ω・´)

正直①の効果はもう少し強化もよかったと思っているのはぼくだけでしょうか。

後述しますが、星杯の打点が低いのに拍車をかけていると思います。

まぁこれから先新しい星遺物モンスターが登場すれば更なるパワーアップは期待できますね!

リンク条件の星杯モンスター2体というのは比較的ゆるいので、妥当かもしれませんが難しいです( ⋅ ̯⋅ ) 💭

 

アウラムを真ん中にたてて②の効果で星杯を墓地におくり、さらなるリンクに繋げます。

墓地に送るのは大体守護竜になりますね笑

デコードをような下斜めのリンクマーカーも魅力的です!

 

星杯において展開を途中でやめるという局面はそんなにないとおもいますが、アウラムの効果で「幽鬼うさぎ」や星遺物星杯などのジャミング系カードを釣ってターンを返すのも、知っておいて損はないとおもいます( ੭ ˙꒳˙ )੭

 

 

f:id:kee1109:20170430222718j:image

✩星杯戦士ニンギルス
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左/上/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 現状の星杯最高LINKのモンスターです(`・ω・´)

リンク素材はリンクモンスター2体と難しいですが、星杯デッキならわりと簡単にできます。

一番ふつーの出し方はイムドゥークとアウラムを素材にして出すことでしょうか。

①はリンク先の星杯モンスターの数だけドローする強制効果。

まぁ主に星杯はこの効果を目当てに展開するといっても過言ではないでしょう

リンク先の星杯モンスターの数だけドローすることが出来ます。

遊戯王のドロー効果はなにかしら重い制約ないしデメリットが着くのが主ですがこのデッキなら大丈夫です。

最大3ドローは魅力的ですが、デッキタイプや手札によって出来ないことの方が多く感じました。

 

 f:id:kee1109:20170504001401j:image

✩星遺物の加護
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

星杯専用のリソース回収カードです!

星杯というテーマですけどなんかライトロードかよってぐらい墓地がバシャバシャたまります笑

回収するのはエクストラのモンスター(イムドゥーク)や手札に通常モンスターが欲しい時や、守護竜を回収するのがまるかったです( ᐢ˙꒳˙ᐢ )

個人的にですが「闇の量産工場」よりも使い勝手がよく感じました(`・ω・´)

 

②はリンク状態のリンクモンスターを戦闘破壊から守る効果。

星杯は打点が低いから守れるのはありがたいんですけどまぁあったらラッキーって感じぐらいに思っておきましょう。

ライトニングは天敵_:(´`」 ∠):_

 

 

f:id:kee1109:20170504002415j:image

✩星遺物との邂逅
フィールド魔法
(1):フィールドの「星杯」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「星杯」モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

f:id:kee1109:20170504002515j:image

✩星遺物の導き
通常罠
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「星遺物」モンスター1体を除外し、
自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

この二種類は現状使い道がないですね、、

どちらも星遺物カードなのでサーチできますが展開補助で優秀なカードは星杯カードに限らずたくさんあるのでそちらが優先されます。

フィールド魔法がここまで弱いのも「ドラゴニックD」の反省を踏まえたのですかね?笑

こう考えると【真竜】魔法罠ってどれもめっちゃハイスペックですよね(白目)

 

 

そんなこんなで長くなりすぎたので展開編とデッキ編はまた今度!

では(`・ω・´)ノ

 

【感想】CODE OF THE DUELIST発売!注目カードトップ5!

 

 

f:id:kee1109:20170415002748j:image

 

みなさんこんにちわこんばんわ!

おはよーございます(`・ω・´)ノ

 

 

とゆうわけで4月も早いとこ中旬の半ば(意味不明)、ついに今日4月15日に遊戯王ヴレインズ初めてのパック、「CODE OF THE DUELIST」が発売されました!✩

やはり注目はリンクモンスターカードや   【トワイライトロード】や   【星杯】   【剛鬼】   【トリックスター】などの新テーマのカードでしょうか(*・ᴗ・*)

ですが今回のパックですが使いやすい汎用カードにも注目が必要です!

なので今回は汎用に絞って僕が注目してるカードを5枚紹介します♪

正直まだ実際に触れてないので感想ってだけですが、ご了承の方よろしくお願いします(*゚▽゚)←

 

 

 ✩第5位✩

f:id:kee1109:20170415003438j:image

✩トポロジック・ボマー・ドラゴン

【 リンクモンスター 】
星 4 / 闇 / サイバース族 / 攻3000 /

効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
【LINK-4:上/左下/下/右下】

 

 

 

 

盤 面 爆 発 装 置 降 臨

 

 

 

このカードはなんともおもしろい!

正直初めて読んだ時はなんのこっちゃって感じでしたがこれぞエクストラモンスターゾーンが出来たからこそ出来る効果ですね(*゚▽゚)

 

やはり主な使い方は中央に置いてモンスターで導火線に火をつける感じでしょうか、、

相手ターンに【スケープ・ゴート】やなんらかのクイックエフェクトでモンスターを特殊召喚出来ればメインモンスターゾーンは吹き飛ぶということですな(`・ω・´)ノ

②の効果も殺意増しましでとてもいいです。←

 

ネックなのはリンク4で重いことですね、、

今後の活躍にいまから楽しみです!

 

 

 

✩第4位✩

f:id:kee1109:20170415004832j:image

 

ファイアウォール・ドラゴン
リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻2500
【LINK-4:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。△▲△
▲□▲
△▲△

 

 

遊戯王ヴレインズの主人公、藤木遊作のエースモンスターですね(´・ᵕ・`)(予想

 

こちらもリンク4で重いですがクイックエフェクトでフィールドと墓地のカードをバウンスできます。ですが戻せる枚数がこのカードと相互リンクのカードに依存してるのでそれなりに展開力があるデッキでないと腐ってしまうことになるので注意ですね_:(´`」 ∠):_

リンクマーカーはとてもわかりやすく使いやすい四方向ですが、やはりメインモンスターゾーンに出したいところですね!

 

②の効果がリンク先のモンスターが墓地へ送られたら手札からモンスターを呼べるのですがターン制限がないため悪用が今後できたりして、、?と思ってしまういい効果です(◦ˉ ˘ ˉ◦)

 

 

✩第3位✩

f:id:kee1109:20170415005919j:image

✩パーリィナイツ

【 効果モンスター 】
星 6 / 地 / 戦士族 / 攻2300 / 守2100

①:相手モンスターの攻撃で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、受けたダメージの数値以下の攻撃力を持つモンスター1体を特殊召喚する。

 

 

大分パーリィしてる感じのモンスターですね。効果もゴーズと違ってフィールドにカードがなくても特殊召喚できるのは素晴らしいです。

数値依存かつ相手依存なのでちょっと効果は未知数なのですがおそらく攻撃力0のモンスターも出せるはずなので、【破滅竜ガンドラX】や【ユベル】など出せたら面白そうです(*゚▽゚)

 

 

ん??

なんか最近これに似たデュエルマスターズのカードがあったよーな、、、

 

f:id:kee1109:20170415010909j:image

 

 

 

 

どうみても類似してますほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

✩第2位✩

f:id:kee1109:20170415011009j:image

 

✩ルドラの魔導書

【 通常魔法 】


このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

 

魔導書新規きたーーー!!と思いきやこれフィールドの魔法使い族サクっても使えるんですよね。

さすがに2:2交換ですが、かなりいいドローソースです(´・ᵕ・`)

もちろん【魔導書】デッキで使えば【魔導書士 バテル】や【グリモの魔導書】からサーチが出来るので最大限に効果を活用することが出来ます。

【ワンダー・ワンド】とかなり類似してる効果ですね。少し前までは【召喚師アレイスター】を使うデッキでドロソとして機能してましたね(*・ᴗ・*)

装備魔法なので【アームズ・ホール】からもってこれてましたがあれは通常召喚できないというデメリットがあったのでイマイチ噛み合いがないので採用はされていませんでした。

ですがこちらはグリモからもってこれるのはかなり強いと思います、、。

魔法使いの強力テーマがまた来てくれたら化けそうなカードですね。

【青き眼の乙女】ともいいかもね、、!(ワンワンでおっけーですがこっちは笑)

 

 

 

✩第1位✩

 

f:id:kee1109:20170415005834j:image

 

 ✩砂塵の大嵐
通常罠
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

 

強い。

 

 

 

いやさすがにバトルフェイズ行えないとはいえ相手のターンに発動したらノーデメリットってすごすぎでしょ、、

 

このカードと確実に比較されるのが【ツインツイスター】です。

あちらは手札コストが最大のネックですが、バトルフェイズを行えないというデメリットはなく、速攻魔法なので自分のターンはもちろん相手ターンにも使えます。

もちろん相手ターンでということであれば間違いなく砂塵の大嵐に軍配があがるので一長一短ですね。

相手ターンに打って1:2交換して相手をシャクりましょう(*゚▽゚)ノ

 

 

 

 

てなわけでこんな感じで紹介してまいりました〜!

今回のパックはかなり力が入ってると感じるラインナップです(`・ω・´)

明日はショップにgo!ですな(◦ˉ ˘ ˉ◦)

 

 

てなわけで今日はこのへんでー

では(`・ω・´)ノ

 

 

 

 

 

【価格変動】時械神メタイオン

 

 

f:id:kee1109:20170406233144j:image

 

みなさんこんにちわこんばんはおはよーございますっ(`・ω・´)ノ

 

 

 

早いとこ遊戯王ブレインズの記念すべき初パックCODE OF THE DUELISTが発売されるまであと1週間近くですね!

それとは別ですが5月13日に発売される予定のコレクターズパック2017にあるカードが収録される情報が入りました(「・ω・)ノ

それはこちら!

 

f:id:kee1109:20170406233654j:image

 

✩時械神ラツィオ
効果モンスター
星10/炎属性/天使族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。
(4):1ターンに1度、相手がドローした場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。
(5):自分のスタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

 

 

5D'sのラスボス、ZONEが使用した時械神の新規カードになります!

 

 

時械神といえば昔にPSPのソフトであるタッグフォース6で時械神デッキをよく愛用してました(◦ˉ ˘ ˉ◦)

 

f:id:kee1109:20170406233933j:image

 

主な戦術はミチオンでライフを半分にして、

 

 

f:id:kee1109:20170406234001j:image

 

サンダイオンで二回殴る。

 

 

 

おわり( ˘ᵕ˘ )←

 

 

 

正直バランスブレイカーといってもいいぐらい時械神はカードパワー高すぎましたね、、笑

 

そしてそれをサポートする「時械巫女」と「無限械アイン・ソフ」の効果が強すぎました(`・ω・´)ノ

f:id:kee1109:20170406234149j:image

f:id:kee1109:20170406234152j:image

 

 

と、時械神の説明なこんな感じでラツィオンですがかなり原作再現されてますね!(むしろバーンダメージが上がってる)

 

ちなみにタッグフォースラツィオンはこんなかんじ↓

f:id:kee1109:20170406234415j:image

 

 

と、ゆーわけで時械神に新規が出るということで既存の時械神である「時械神メタイオン」が値上がりしてるようです!

 

f:id:kee1109:20170406234458j:image

✩時械神メタイオン
効果モンスター
星10/炎属性/天使族/攻 0/守 0
このカードはデッキから特殊召喚する事はできない。
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚する事ができる。
このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
フィールド上に表側攻撃表示で存在する
このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
このカード以外のフィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻し、
戻した数×300ポイントダメージを相手ライフに与える。
自分のスタンバイフェイズ時、このカードはデッキに戻る。

 

 

現在の価格変動具合はこんなかんじ↓f:id:kee1109:20170406234732j:image

 

今のところは少しずつって感じですがVジャンプにしかついていないのでこれから更に上がる可能性がありますね、、_:(´`」 ∠):_

 

ラツィオンが公開されただけで   【時械神】のデッキが作れるとも限らないですが、その圧倒的なカードの力でかなりお好きな方も多いと思うので更に高騰する前にゲットしてみてはいかがでしょーか!(*・ᴗ・*)

 

 

それでは今日はこのへんで〜

ばいっ(「・ω・)「

【考察】新ルールについて分かった事&感想

 

f:id:kee1109:20170403170913j:image

 

 

みなさんこんにちわこんばんわおはよーございますっ(`・ω・´)ノ

 

 

前回の記事からだいぶ空いてしまいました_:(´`」 ∠):_

少しの間デュエリストから狩人に転職してました←

 

 

と、いうわけで4月になってしまいました!

早いですねほんとに(´。・v・。`)

 

 

そして先日パーフェクトルールブック2017が発売されましたね!

 

f:id:kee1109:20170403173426j:image

 

 

僕も無事にゲットして新ルールにむけていろいろ準備中ってところです。

そして何よりも注目なのはリンクモンスターについてのルール。

これを中心に読んで分かった事をぽんぽんあげてきます(`・ω・´)ノ

 

モンスターのリンクを繋げ!

新要素!【エクストラリンク】

f:id:kee1109:20170403175016j:image

 

これはパーフェクトルールブックで公開された新要素ですね!

リンクモンスターのリンクマーカーを繋ぎ、図の形になった状態がエクストラリンクというようです。

リンクマーカーが→←みたいに向き合っている状態を【相互リンク】というようです。

この状態でリンクモンスターを5枚分繋げるのがエクストラリンクということですねグッ(و'ω')و✧

 

そして1番重要なのがエクストラリンクになるようにリンクモンスターを出す場合、相手のEXゾーンにもリンクモンスターが出せるみたいです!

 

 

もしも。もしもですが、これを先攻で出来るデッキが出来たらどうなるのかと思ってしまいますね、、笑

カードの効果で制圧ではなくルールにより制圧出来る感じですね( ˘ᵕ˘ )

 

 エクストラリンクを参照したり、それに関するカードの情報はまだ公開されていませんが、間違いなく今後重要視される要素なのは間違いないでしょう( ・ㅂ・)و

 

【細かい裁定とかなど】

・EXモンスターがエクストラモンスターゾーンに特殊召喚されるのはあくまでエクストラデッキから特殊召喚される場合のみ。

 

f:id:kee1109:20170403182943j:image

 

これは新ルールのフラゲがあった時にもわかっていたことですが、主に【死者蘇生】などで墓地から特殊召喚されたりした時ですね。

また、【亜空間物質転送装置】などでエクストラモンスターゾーンのモンスターを除外した場合、エンドフェイズに戻るのはメインモンスターゾーンという裁定もでています。

これはこれから先同じ効果のカードが増えそうなので知っといてよさそうですね!

ただしメインモンスターゾーンが埋まっている場合墓地に送られてしまう裁定が出ているのでご注意を( ̄-  ̄ ) 

 

 ・EXゾーンのモンスターのコントロールを奪う場合、メインモンスターゾーンに出す

 

f:id:kee1109:20170403182956j:image

 

【精神操作】などでEXゾーンのモンスターを対象にした場合、そのモンスターは発動したプレイヤーのメインモンスターゾーンに置きます。

コントロールを奪うカードはエクストラリンクを形成する上でも活用されそうですね(´。・v・。`)

 

エクストラデッキからペンデュラムモンスターをペンデュラムモンスター出す場合、エクストラゾーンまたはリンクマーカーの先のゾーンにしか出せない。

 

f:id:kee1109:20170403183007j:image

 

正直これはもう少しいいルールなかったのかな?と思ってしまいます。いままでさんざん使われていたペンデュラム召喚が大幅すぎる弱体化になってしまいました。

ペンデュラム召喚の強みである、エクストラデッキから半永久蘇生かつ大量展開がやりづらくなってしまいました。

遊矢くんもさぞお怒りでしょう。_:(´`」 ∠):_

 

 

・壊獣のコストでEXゾーンのモンスターをリリースした場合、壊獣はメインモンスターゾーンに出る。

 

f:id:kee1109:20170403183014j:image

 

これもどうなんだろう?っていわれてましたが、あくまで相手フィールド全体を指してるので当たり前っちゃあ当たり前ですね(´。・v・。`)

 

・リンクモンスターは守備表示にならないため、守備表示に関する効果は受けない

 

f:id:kee1109:20170403183056j:image

 

【月の書】、【闇の訪れ】 などはそもそも発動することができず、【右手に盾を左手に剣を】などのフィールド全体のモンスターに全てに効果を及ぼす効果はリンクモンスターは効果を受けません。

逆にリンクモンスターだけの場合、月の書などと同じで、発動すること自体ができないみたいです。

 

 

・デコードトーカーの素材について。

 

f:id:kee1109:20170403183130j:image

 

【デコード・トーカー】は効果モンスター2体以上がリンク召喚の条件ですが、単刀直入にいって、

リンクモンスターではない効果モンスター2体ではこのモンスターを出す事は出来ません。

 

正直今の今まで僕も勘違いしてたのですが、

リンクモンスターをリンク召喚するもう一つのルールとして、

そのリンクモンスターのリンクの数だけモンスターがいないと出せない。

というルールがあるので、LINK-3のデコード・トーカーを出すには効果モンスターが3体必要というわけです。

 

 

ではなんで効果モンスター2体以上という書き方をしてるのでしょうか。

これはリンクモンスターのLINKの数分素材が減らせるからでしょう。

例えばLINK-2の【ハニーポッド】と効果モンスターの計2体の効果モンスターで出せるからです。

これがもし効果モンスター3体以上という書き方をしていたらこの方法では出せないということです。

 

にしてもさすがに騙されましたねw

もっとも効果モンスター2体で出せてしまったらそれはそれで強すぎるわけですが(汗)

 

次の【コード・オブ・ザ・デュエリスト】に登場する【ファイアウォール・ドラゴン】もLINK-3のモンスターとあと一体なにかのモンスターで出せるので、リンクモンスターを素材にしたリンク召喚は間違いなく考慮されるわけですが、エクストラデッキの枠が余計キツそうでなによりです、、

 

f:id:kee1109:20170403183142j:image

 

ただエクストラリンクといい、リンクモンスターを繋ぐというのは、今までにはない新要素なのでとても楽しみです!!

新弾の発売も待ち遠しいですね(*´ω`*)

ぐだぐだな内容でしたが今日はこのへんで!それでは(`・ω・´)ノ♪